img-1

AGA治療薬の入手方法

基本AGA治療薬の入手経路は、クリニックになります。現在は専門のクリニックから皮膚科や内科といった普通の病院でもAGA治療薬を取り扱っていますので、入手が困難になると言ったことはありません。

主に内服薬であるプロペシアを入手する際にクリニックに通うことになるでしょう。

またできれば同時に使いたい発毛剤であるミノキシジルは、薬剤師がいる薬局であれば購入することができます。

しかしクリニックで処方されるプロペシアにしろ、薬局で購入するミノキシジルにしろ料金が高いのがネックです。
特にクリニックで処方されるとなると保険を使うことができずにすべて自己負担になります。
AGA治療は高い費用が掛かりますので、自分ができる範囲で治療を行うようにしましょう。


身の丈に合っていない治療を行うと、後で痛い目にあってしまうことがあります。

基本AGA治療というのは、終わりがありません。医療費が支払えなくなって治療を止めてしまうと改善した部分はまた抜け落ち、悪化してしまいます。

そのような性質を持っている治療になりますので、継続できる範囲で行ってください。
その高い治療費を少しでも抑えるのであれば、個人輸入代行業者が良い選択になります。
通販サイトのような感覚で購入することが可能です。日本で入手することができる医薬品と同成分でしかも安い医薬品、またはジェネリック薬品を購入することが可能です。
現時点で医療費を抑える治療薬の入手経路は、個人輸入代行業者しかありません。


男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンテストステロンが発症に関係している薄毛、脱毛症です。


テストステロンはほとんどが睾丸から生成、分泌されるため、性的な発達が起こる思春期以降に体内テストステロン量も急激に多くなり、男性型脱毛症の発症リスクも急激に増加します。
AGA治療には日本では主にプロペシアが使用されています。

プロペシアは5αリダクターゼ還元酵素阻害薬です。この5αリダクターゼはテストステロンが毛根組織内で活性型のジヒドロテストステロン(DHT)に活性化される時に、その反応を補助する酵素です。
それによって男性ホルモンの働きを抑えAGA治療薬としての効果を発揮するのです。
一方、プロペシア同様に5αリダクターゼ還元酵素を阻害する薬にアボルブという薬があります。

アボルブはAGA治療薬としても有効性を示していますが、厚生労働省の承認を受けているのは前立腺肥大症の治療薬としてです。前立腺肥大症も同様にDHTの働きによって引き起こされる疾患なので、このアボルブが効果を示すのですが、プロペシアは有効なのでしょうか。

プロペシアも実は前立腺肥大症治療薬として臨床試験を行っていました。しかしながら、その結果でプロペシア投与群とプラセボ(偽薬)投与群と比較して、前立腺肥大症の治療効果に有意な差が認められず、それによって厚生労働省から前立腺肥大症治療薬としての承認が得られなかったのです。

ですから前立腺肥大症治療には今のところ科学的に有効性は認められていません。

















関連リンク

img-2

AGA治療に終わりはありますか

AGA治療は、今まであった育毛剤や発毛剤と違い、格段に治療効果がある医薬品が出たことで、飛躍的に成果があがるようになりました。明らかに効果があることが医学的にも証明されていますので、薄毛に悩んでいる男性は特にAGA治療を行ってほしいです。...

more
img-3

O型タイプのAGA治療

薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくというO型タイプの薄毛の人、前頭部から髪の毛が薄くなっていくというM型タイプの薄毛の人がいます。この両者はどちらもAGAによる薄毛であることが多いわけですが、同じAGAではありながら原因や治療方法が若干異なってきます。...

more