img-1

AGA治療の平均費用について

薄毛で悩んでいる人はたくさんいますが、AGA治療をすることによって、薄毛の改善が見込まれるかもしれません。

最近のAGA治療薬の調査としては、およそ90パーセントの人に薄毛の改善に効果があったといわれていますから、一度病院に行って相談してみるとよいかもしれません。
しかし、AGA治療は保険適応外となっていますから、どのくらいの費用がかかってくるのかということが気になってくると思われます。
そこで、AGA治療の平均的な費用としては、まず薬代として7500円程度かかってくると考えられます。

現在多くの医療機関で処方されているAGA治療薬の1錠あたりの費用が250であることが多いので、1日1錠服用すると考えると7500円くらいになるということです。さらに、この費用に診察代であったり、検査代などがかかってきますから、総額にすると10000円から15000円くらいの費用になってきます。


また、治療は自由診療ですから、医療機関いよって費用が異なってくるので、治療を受ける前に事前に費用がどのくらいかかるのかということを調べておいた方がよいと言えるでしょう。

中には、ネット通販で薬を購入して自分で治療をする人もいます。このような方法であれば、費用は薬代だけで済むので医療機関で治療を受けるよりも安い費用で治療を行うことができます。

しかし、自分に合った薬であったり、生活習慣や頭皮ケアのアドバイスなどを受けることができませんから、効果が薄れてしまう可能性があります。

AGAはテストステロンが関係した薄毛、脱毛症のことです。


テストステロンは男性ホルモンであり、つまり男性型脱毛症は男性のみに起こるものです。発症時期は男性ホルモンの合成、分泌が盛んになる思春期以降が多いです。
AGA治療においては、プロペシアやアボルブといった5αリダクターゼ還元酵素阻害薬という薬がAGA治療薬として使用されます。5αリダクターゼは毛根組織内でのテストステロンからジヒドロテストステロン(活性型)への活性化反応を補助する酵素であり、それを阻害するプロペシアやアボルブはつまりテストステロンの毛根への作用を阻害することでAGA治療薬としての効果を発揮します。プロペシア、アボルブともに効果発現には時間のかかる薬です。ともに効果がでなくても6か月以上は継続して服用しないと効果判定はできません。ではもしプロペシアを服用した時に効果が得られなかった場合にはどうすればいいのでしょうか。


その時はアボルブを追加もしくはアボルブに変更することによって効果が出る可能性があります。

プロペシアを服用した場合のジヒドロテストステロン生成抑制効果はおよそ40%と言われています。
一方でアボルブを服用した場合のジヒドロテストステロン生成抑制効果はおよそ50%と、プロペシアと比較して高い数値となっており、効果が強いことを示唆しています。
またプロペシアは1日5錠まで増量できるので増量で様子をみてもいいでしょう。

神戸のインプラントを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

女性の円形脱毛サイトで情報を入手してみて下さい。

渋谷のしわ治療情報収集ができます。

銀座のホワイトニングのランキング情報を利用してみませんか?

治療の子供脱毛症のことなら、こちらをご参考にしてください。

https://m3q.jp/t/4794



http://okwave.jp/qa/q8033037.html

関連リンク

img-2

AGA治療に終わりはありますか

AGA治療は、今まであった育毛剤や発毛剤と違い、格段に治療効果がある医薬品が出たことで、飛躍的に成果があがるようになりました。明らかに効果があることが医学的にも証明されていますので、薄毛に悩んでいる男性は特にAGA治療を行ってほしいです。...

more
img-3

O型タイプのAGA治療

薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくというO型タイプの薄毛の人、前頭部から髪の毛が薄くなっていくというM型タイプの薄毛の人がいます。この両者はどちらもAGAによる薄毛であることが多いわけですが、同じAGAではありながら原因や治療方法が若干異なってきます。...

more