img-1

O型タイプのAGA治療

薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくというO型タイプの薄毛の人、前頭部から髪の毛が薄くなっていくというM型タイプの薄毛の人がいます。



この両者はどちらもAGAによる薄毛であることが多いわけですが、同じAGAではありながら原因や治療方法が若干異なってきます。



特にO型タイプのAGAの人は、より治療においては、様々な治療が必要になってくるということが言えます。理由としては、O型タイプのAGAの人は、AGAの原因の一番に挙げることができる体内にある酵素の働き以外にも、血行の悪さ、ストレス、食生活などの生活習慣、シャンプーの方法なども原因として関係しているからであると考えられます。



ですから、O型タイプのAGA治療では、内服薬だけではなく、生活習慣全般にまで気を配っていく必要性が出てくることになります。



まず、血行については、血行を良くするために外用剤を使用したり、血管に影響を与えないような食生活をするということが大事になってきます。



食生活については、脂っこいものをあまり食べ過ぎないということが大事になってきます。

ストレスについても、血行が悪くなるということで、薄毛には悪い影響を及ぼします。



ですから、なるべくストレスを溜めない工夫をするということもAGA治療には必要な要素となってきます。



シャンプーの方法は、かなり多くの人が誤ったシャンプーの方法を実践していることが多いので、きちんとした頭皮ケアの方法を身につけるということがAGA治療の効果を最大限に発揮させるために必要になってきます。
CMが出たことで男性型脱毛症であるAGA治療は、一気に認知度が上がりました。

治療というと入院や処置をしなければならないといったこともなく、自宅で決められた医薬品を決められた方法で使うだけで良い治療になることから、気軽に開始できるようになりました。

今までのようななんとなく効果があったという増毛方法ではなく、医学的にも薄毛治療として推奨されるほど、効果が高いことで知られています。
しかしこの治療はとにかく医療費がかかることでも有名です。

命や健康に関わる病気ではないという判断から、保険診療を受けることができず、すべて自己負担になります。治療を続ける必要がありますので、この自己負担というのはAGA治療を受ける男性の方に大きな問題になるでしょう。
男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの産生を防ぐ効果があるプロペシアの後進医薬品であるジェネリック薬品も販売されるようになりましたが、高い医療費を解決できるような期待はまだ持てないのが現状です。



AGA治療の医療費の問題を根本的に解決する手段として、個人輸入代行業者があります。
海外の医薬品をネット通販の感覚で購入することが可能な方法です。

日本で手に入る医薬品と同じのもの、または同成分でジェネリック薬品や特許がないことで安く購入することができる製品などありますので、高い医療費を抑える確実な方法になっており、多くの患者さんが利用しています。医療費を抑えたいという人におすすめです。

関連リンク

img-2

AGA治療に終わりはありますか

AGA治療は、今まであった育毛剤や発毛剤と違い、格段に治療効果がある医薬品が出たことで、飛躍的に成果があがるようになりました。明らかに効果があることが医学的にも証明されていますので、薄毛に悩んでいる男性は特にAGA治療を行ってほしいです。...

more
img-3

O型タイプのAGA治療

薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくというO型タイプの薄毛の人、前頭部から髪の毛が薄くなっていくというM型タイプの薄毛の人がいます。この両者はどちらもAGAによる薄毛であることが多いわけですが、同じAGAではありながら原因や治療方法が若干異なってきます。...

more