img-1

AGA治療の賢い受け方

忘れてはいけないのは、AGA治療薬はすべて医薬品になります。



よって正しく使わなければ副作用が生じる可能性があります。

AGA治療薬は副作用が少ない医薬品として知られていますが、正しく使わなくても、副作用が生じることもあります。
そして非常に残念なことですが、効果がないこともあります。
割り切って使うことも求められますが、現時点では最も効果があるとされるAGA治療薬になります。このAGA治療、実は大きなデメリットがあります。

それは病院では自由診療になり、すべて自己負担になることから大きな出費になります。


また一度改善したからといって薬を使うをやめると言ったことはできません。



髪の毛がもういらないという時まで、使わなければならないと言った医薬品です。


よって定期的に通う必要があり、その度に自己負担となることから出費は覚悟しなければなりません。

そのひとつの対抗策として、個人輸入代行業者があります。海外の医薬品を購入できる通販サイトのようなものです。



しかし取り扱っているのは紛れもなく医薬品になりますので、取扱には注意が必要です。副作用の心配もありますので、数回は病院で診察を受け、AGA治療薬の処方を受けるようにしてから、大丈夫のようであれば個人輸入代行業者で医薬品を購入するのが賢い選択になるでしょう。

日本では決して手に入らない同成分で格安の治療薬を売られています。



医療費を抑えるための唯一の方法になるでしょう。

アボルブは前立腺肥大症治療薬として、厚生労働省の承認を受けた医薬品です。

前立腺肥大症は正常な前立腺細胞が増殖して肥大化していく疾患で、それが尿路に覆いかぶさっているため、大きくなりすぎると尿路を圧迫し排尿困難や尿閉を引き起こします。
この前立腺細胞の成長には男性ホルモンのテストステロンが関与しています。
テストステロンはほとんどが睾丸において作られます。
そこから血流に乗って前立腺組織に到達するとその中に存在する5αリダクターゼ2型によって活性型のジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。


それがアンドロゲン受容体と結合し、前立腺肥大を引き起こします。



アボルブは5αリダクターゼ2型を選択的に阻害し、前立腺容積の縮小効果が認められています。

一方、AGA治療においても5αリダクターゼ阻害薬のプロペシアという薬が使用されています。

アボルブは前立腺肥大症治療薬としてしか承認されていませんが、果たしてAGA治療薬としても有効性を示すのでしょうか。



アボルブは実際に適応外処方で、臨床現場においてAGA治療薬として使用されています。またその有効性も確認されています。



むしろプロペシアより有効性の高いAGA治療薬となる可能性すらあります。



プロペシアとアボルブのDHT抑制効果を比較すると、プロペシアは40%であったのに対し、アボルブは50%とより高い数値を示し、DHTの生成をより抑えることが確認されています。

関連リンク

img-2

AGA治療に終わりはありますか

AGA治療は、今まであった育毛剤や発毛剤と違い、格段に治療効果がある医薬品が出たことで、飛躍的に成果があがるようになりました。明らかに効果があることが医学的にも証明されていますので、薄毛に悩んでいる男性は特にAGA治療を行ってほしいです。...

more
img-3

O型タイプのAGA治療

薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくというO型タイプの薄毛の人、前頭部から髪の毛が薄くなっていくというM型タイプの薄毛の人がいます。この両者はどちらもAGAによる薄毛であることが多いわけですが、同じAGAではありながら原因や治療方法が若干異なってきます。...

more