img-1

AGA治療の基本的な内容

AGA治療は、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布している?型の5α還元酵素の活性を阻害する治療薬の使用が基本です。

これは、この還元酵素は男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換するという作用を持っているからです。

大阪で肝臓の総合案内サイトです。

DHTは毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結び付くことにより、毛母細胞の分裂を抑制し頭髪を軟毛化してしまいます。

シワ治療の新しい情報です。

つまり、DHTがAGAの原因物質ということで、これを抑制するということがAGA治療の重要なポイントとなります。

三宮の歯科の専門サイトのこちらです。

AGA治療で使用されている還元酵素の阻害剤はプロペシアという名前の内服薬であり、飲む育毛剤として知られています。

元々はアメリカで前立腺肥大の治療薬として開発されたのですが、頭髪の成長が確かめられたことによりAGA治療薬としても使用されるようになっています。


日本では1年間の臨床試験を行った後に、2005年に厚生労働省に承認されて販売を開始しています。


1日に1ミリグラムを1年間服用したところ、実に98パーセントの割合で不変以上の効果が確認されています。世界60カ国以上で使用されており、数々の成功体験が報告されています。ただし、プロペシアは副作用の危険がある上にAGA以外の薄毛には効果がありません。

梅田のワキガ治療について調べるなら、こちらをご覧ください。

この為にAGA治療では額の後退や前頭部から頭頂部にかけての頭髪の軟毛化を確認する視診と共に、家族に薄毛が居ないかを確かめる問診が行われた後に処方されるという流れです。

男性型脱毛症(AGA)はテストステロンが関与する薄毛、脱毛症のことです。

審美歯科の情報サイトへお越しください。

テストステロンは男性ホルモンであるため、この男性型脱毛症は男性特有のものです。


テストステロンは男性の場合、ほとんどが睾丸から分泌されます。

それが毛根組織に到達すると、5αリダクターゼによって活性化され、薄毛、脱毛症を引き起こすようになります。

AGA治療にはプロペシアという薬がよく使用されます。

https://4meee.com/articles/view/754517

この薬は前述の5αリダクターゼを阻害します。
それによってテストステロンが活性型になれなくなってしまい、毛根に影響を与えることができなくなってしまうため、AGA治療薬としての効果があります。
このAGA治療は、2〜3年の比較的長期継続する治療です。
薄毛の予防のためにプロペシアを服用する場合はずっと服用し続ける必要があります。

そこで副作用が気になるところですが、副作用に関してはそこまで多い薬ではありません。

しかしながら前立腺癌の発見が困難になります。

http://okwave.jp/qa/q346108.html

前立腺癌の発見のためには通常血液検査でPSAという指標で評価します。これがある一定値以上に高くなると前立腺癌の可能性が高いと判定されます。
しかしプロペシア服用中にこのPSAの血液検査をすると、血中PSA濃度が下がってしまいます。ですからプロペシア服用中にはPSAの値を2倍に補正して前立腺癌かを判定する必要があります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1453745749

このようなことが起こるのでAGA治療をしている時に前立腺癌の検査をする場合には必ず事前にその旨を申し出るようにしましょう。

関連リンク

img-2

AGA治療に終わりはありますか

AGA治療は、今まであった育毛剤や発毛剤と違い、格段に治療効果がある医薬品が出たことで、飛躍的に成果があがるようになりました。明らかに効果があることが医学的にも証明されていますので、薄毛に悩んでいる男性は特にAGA治療を行ってほしいです。...

more
img-3

O型タイプのAGA治療

薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくというO型タイプの薄毛の人、前頭部から髪の毛が薄くなっていくというM型タイプの薄毛の人がいます。この両者はどちらもAGAによる薄毛であることが多いわけですが、同じAGAではありながら原因や治療方法が若干異なってきます。...

more