img-1

AGA治療は内服薬と外用薬とで行います

昨今、男性の薄毛のことが大きな問題となりつつあります。

高齢化していくプロセスで毛が薄くなっていく現象とは、基本的に異なっています。原因はまだ特定されていません。

過度のストレスや睡眠不足、喫煙習慣、食生活などが影響しているとの説が有力ですが、そういった生活態様を改善したからといって、脱毛が止まって発毛が始まったとの事例はほとんどありません。
AGAの診察は、最初は医師による問診と視診からスタートします。

額の生え際の後退のレベルや、前頭部と頭頂部の毛髪の細さ、薄さを確認するのが最初です。

そして、AGAとの診断が下されたときは、多くのクリニックでは、内服薬と外用薬を用いてAGA治療を行います。一般的には、内服薬としては、フェナステリドを飲むことが多いです。

これは、男性ホルモンの生成を抑制することで、薄毛や抜け毛を防ぐためのものです。
厚生労働省が認可している薄毛治療の飲み薬としては、フェナステリドが唯一のものです。
6ヶ月程度の服用で効果が出始めるケースが多いです。
1年で58%、3年では78%の人が、症状の改善を実感しているとの報告があります。

そして、外用薬としては、ミノキシジルがよく利用されています。

これは、毛の成長や発毛を促す効果が認められています。


そもそもは、血圧降下剤として使われてきました。


ただ、薬の副作用として毛がよく生えてくるというところから、AGA治療薬への転用されることになったのです。
AGA治療の外用薬としては、最優先で推奨されることが多いです。

AGA治療はお医者さんによって薄毛の治療を受ける方法で、カウンセリング後に主に薬剤により発毛を促します。


元々、AGA治療が進んだ背景に前立腺の治療を行う患者に使われた薬剤の副作用により、発毛という副作用が出現し、これが発毛医療として研究が進みました。


西洋医学で、薬剤の使用による治療では副作用があり、主作用を得るために副作用は出現するのですが、このことがある意味副産物であり、AGA治療となったのです。


ただ、AGA治療が副作用から進んだ治療である反面、この治療にも副作用はあり、動悸やほてり、血圧上昇、精力減退等の副作用が出ると言われています。

しかし、副作用は西洋医学の治療につきものでこれを避けることは難しいです。


そうなると、その懸念から治療に対する怖さもあるでしょうが、AGA専門外来の場合、カウンセリング後にその人に適した治療を行い、副作用を最小限に抑え、また副作用が出た場合、その出かたを見て副作用を抑え、主作用を高める治療を行います。
言わば、副作用は主作用を最大限に、高めるための重要な情報であり、治療に大切なものとなるのです。


また、AGA治療の問題点として、費用が大きくなることと、この治療を中止した場合、元に戻るという懸念です。


専門外来では薬物による強制的な環境を整え、その後薬剤のコントロールをしながら治療後も元に戻りにくい状況で治療を進めていくため、安心して治療が受けられます。
治療費に関しては自由診療であるため、予め調べておくことが良いでしょう。

武蔵中原の歯医者情報選びに特化したポータルサイトです。

よりシンプルさを追求した子供の脱毛症の治療の情報を公開しています。

名古屋の薄毛女性の知識が身につきます。

銀座の痩身治療について詳しく書かれています。

渋谷の痩身の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

http://girlschannel.net/topics/956088/

http://smany.jp/10051

http://okwave.jp/qa/q8033037.html

関連リンク

img-2

AGA治療に終わりはありますか

AGA治療は、今まであった育毛剤や発毛剤と違い、格段に治療効果がある医薬品が出たことで、飛躍的に成果があがるようになりました。明らかに効果があることが医学的にも証明されていますので、薄毛に悩んでいる男性は特にAGA治療を行ってほしいです。...

more
img-3

O型タイプのAGA治療

薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくというO型タイプの薄毛の人、前頭部から髪の毛が薄くなっていくというM型タイプの薄毛の人がいます。この両者はどちらもAGAによる薄毛であることが多いわけですが、同じAGAではありながら原因や治療方法が若干異なってきます。...

more