img-1

AGA治療薬としての効果

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンのテストステロンが発症に関与する、男性特有の薄毛症状です。


テストステロンは95%は睾丸から分泌され、残り5%は副腎から分泌されます。

そのため、性器の発達する思春期以降にテストステロンの分泌量は増加します。


それに合わせてAGAの発症リスクも上昇します。

AGA治療においてはプロペシアという薬が主に使用されます。
プロペシアはテストステロンが毛根内で活性型となるのを助ける酵素である5αリダクターゼを阻害します。

つまりプロペシアはテストステロンが活性型になれないようにすることで男性ホルモンの働きを抑え、AGA治療薬としての効果を発揮します。
AGA治療薬プロペシアを使用する上でのデメリットは、高悪性度前立腺癌の発症リスクが上昇するという点です。高悪性度前立腺癌とは、つまり増殖能が高く、組織への浸潤スピードが速いことを意味します。

なぜそうなるのかというとテストステロンが前立腺細胞の成熟に関与しているからです。


プロペシアは毛根の5αリダクターゼだけでなく前立腺の5αリダクターゼを阻害します。

そうなることにより前立腺に対してもテストステロンは影響を及ぼさなくなります。

テストステロンによって前立腺細胞が成熟しないと、未分化型の前立腺細胞が組織内に増えてしまいます。
未分化型の場合は増殖能が分化済みの細胞より高い状態になります。

もしこの未分化型の前立腺細胞が癌化すると、増殖能の高い高悪性度前立腺癌ができあがるというわけです。


近年薄毛になってしまう原因がある程度解明してきたということで、医療機関でもAGA治療を行うことができる流れになってきました。


AGA治療の基本的な治療法としては、内服薬を服用することによって薄毛の進行を食い止め、外用剤を頭皮に塗布することによって髪の毛の成長に必要な毛母細胞の働きを活性化させるという方法で行っていきます。
また、生活習慣の見直しであったり、頭皮のケアの方法のアドバイスなどを受けることによって、総合的に薄毛の改善を目指していくことになります。

しかし、AGA治療は保険適応外ですから、ある程度費用がかかってきます。

ですから、どれだけの効果があるのかということが一番気になる点として挙げられるといえます。


そこで、AGA治療の効果としては、AGA治療薬の5年間の調査によるとおよそ90パーセントに効果が現れたといわれていますから、治療をすればかなりの割合の人が治療効果を実感することができるということになります。

ただし、効果の程度については個人差があるといわれていますから、中には劇的に改善する人もいれば、現状維持程度の人もいるということになりますから過度の期待はしない方がよいかもしれません。また、どのような薄毛のタイプであるかということでも、効果の程度が異なってきます。

例えば、AGAの中でも一番多いタイプとして頭頂部が薄くなる人がいますが、このタイプの人は特に効果が現れる可能性が高いといわれています。しかし、額の生え際の薄毛については、外用剤があまり効果がないことが多いといわれていますから、あまり効果は期待できない場合があります。

AGA治療の評判の有益な情報を提供します。

おすすめのAGA治療を知るならこのサイトです。

渋谷の歯周病の情報を利用しない手はないです。

あなたのご要望に応じた新宿のシミ治療について正しい知識を持つこと重要です。

東京の自毛植毛関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

http://okwave.jp/qa/q9141333.html

http://getnews.jp/archives/1516302

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9387640.html

関連リンク

img-2

AGA治療の平均費用について

薄毛で悩んでいる人はたくさんいますが、AGA治療をすることによって、薄毛の改善が見込まれるかもしれません。最近のAGA治療薬の調査としては、およそ90パーセントの人に薄毛の改善に効果があったといわれていますから、一度病院に行って相談してみるとよいかもしれません。...

more
img-3

AGA治療は内服薬と外用薬とで行います

昨今、男性の薄毛のことが大きな問題となりつつあります。高齢化していくプロセスで毛が薄くなっていく現象とは、基本的に異なっています。...

more